とうふのこだわり

  • 厳選された大豆と凝固剤(にがり)を使用しています。
  • 豆腐製造のオートメーション化により雑菌数の減少(凝固、自動切断、パック詰め)
  • 自動化ラインでは主要商品である木綿とうふ、絹とうふ及び量産品の油あげの生産を行っております。
  • 手造りラインでは、ピーナツ豆腐、手造りあげ、厚あげ等の生産を行っており、弊社の”こだわり”商品となっています。

特にこだわっているのが、豆腐やあげ生地を生産するのにもっとも必要な”水”です。

  • 製造工程(大豆浸漬~凝固)で”活性イオン水”を使用
    活性イオン画像

    活性イオン水とは

    ・浸透率が高く、大豆の風味を引き出させる。

    ・酸化防止作用により タンパク質の劣化を遅らせる。その為、大豆の風味がしっかり残る。

    ・結合力が高まり、型崩れしにくく、歩留まりが良くなる。 

  • さらし水、パック水にオゾン水を使用。オゾン水により、雑菌の増殖が抑制され保存効果が高まっています。

とうふの製造工程

  • 浸漬

    活性イオン水に 大豆を浸す(10~18時間)

  • 粉砕

    グラインダーで大豆を砕く

  • 煮沸

    蒸気連続釜で煮る    

  • 絞り

    豆乳とオカラに分離する(豆乳、おから)

  • 凝固

    豆乳に凝固剤をいれて固める。

  • 熟成

    (きぬ とうふ)

  • 成形

    プリン状の豆腐を砕いて型箱に移す

  • 圧搾

    圧力を加え余分な水分を絞っていく

  • 切断

    (もめんとうふ)

  • 包装

    パック水(オゾン水使用)

  • 冷却

    2℃の冷水で冷やす(中心温度 5℃)

  • 保管・出荷

  • スライド画像1
  • スライド画像2
  • スライド画像3
  • スライド画像4
  • スライド画像5
  • スライド画像6
  • スライド画像7
  • スライド画像8
  • スライド画像9